logo

category: お知らせ, 新商品

気まぐれ勲章  ものづくり人展

button

4月29日からの波佐見・有田の陶器市期間中は京千のギャラリーでsen no ten(展)をやりますが、
一足早く24日からはHASAMIブランドのマルヒロさんの直営店(洒落陶)で行われる『ものづくり人展』に出品します。

今回は、陶器のボタンと刺繍した古布のリボンとを組み合わせたブローチを作りました。
刺繍や服作りをしているマツオエミとの共同制作。も、あります。
勲章のカタチをモチーフに、一つ一つ色もカタチも模様も全て違う仕上がりです…というか、
同じものは作ってません。古布の色やボタンの形も同じものはなく、組み合わせも色合いだったり、
その時の自分の気分だったり…。
なので私は「気まぐれ勲章」をいただきました。
その他、陶器のボタンも初めて販売します。

『ものづくり人展』は、
焼きもの・絵画・木工・シルバーアクセサリーなど、様々なものづくり人が集まっています。
そして、マルヒロさんでは24日から陶器市期間中にかけてもイベント盛りだくさんです。

陶器市のマルヒロさんと言えば、波佐見陶器まつりの会場のやきもの公園にもぜひ行ってほしい。
とんがり屋根の大テントの中で、マルヒロ名物?昔ながらのたたき売りが見れます。
ちなみに、やきもの工房・京千はゆったり芝生ブースに出店してまーす。

ものづくり人展
2011年4月24日(日)~5月5日(木)

場 所:洒落陶。(しゃれとう) 
    〒844-0014 佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙775-7
時 間:10:00~17:00
無料専用駐車場15台分有り

有限会社マルヒロ:0955-42-2777

category: お知らせ

ひらひらとお知らせ

moritasan no washi

新宿伊勢丹での「NIPPON VISION 4」終了しました。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。

47都道府県から人やモノが一堂に集まった「NIPPON VISION 」。この時期だからこそ、より意味深いイベントとなりました。
素材や環境は違うけど、各地で真剣にモノづくりをしている人たちがいて、
それぞれの郷土への想いもあるけど、その先は同じ日本なんだな~と思いました。
とにかく、また会いたい人たちばかり。
これから巡回展がはじまります。

さて、
帰ってきて早々、陶器市(4月29日~5月5日)の準備です。
陶器市の詳しい内容は京千のホームページで紹介。senは、京千のギャラリーで展示・販売やります。
ご近所の「菓子 美呆」さん、佐賀県白石の「四季のごはん 紘」さん、佐世保の「喫茶ジジ」さんも参加してくれます。

そして更に、今回の「NIPPON VISION 4」で出会った、埼玉在住の和紙作家・森田千晶さんが出品してくれることになりました。
急な誘いにもかかわらずご本人も来てくれます。 ありがとう!
森田さんの作品は「手すき和紙」といって、昔ながらの製法で作られています。レース模様や雪の結晶など様々なモチーフと漉き和紙の持つ魅力とが合って、白くて繊細で柔らかです。そして、この季節の光ともよく合う! 
本人も作品も九州初上陸らしいので、ぜひ会いに来てください。 

それにしても、「千」のつく名前の方とよく繋がるな~と思う このごろ。

category: お知らせ

NIPPON VISION 4 伊勢丹新宿店

accessory parts
4月6日から11日に伊勢丹新宿店で行われるNIPPON VISION 4に『長崎県でつくられるアクセサリー』として「焼き物のブローチ」を出品します。

「NIPPON VISION」は、ナガオカケンメイさんが代表を務めるD&DEPARTMENT主催のイベント。
年に一度、ひとつのテーマで47の日本を全体から眺め検証する企画で、4回目のテーマは「アクセサリー」
47都道府県のいろんな素材を使ったアクセサリーが揃うとのことです。

会 期  2011年4月6日(水)〜11日(月) 

     10時〜20時(最終日 18 時まで) ※計画停電の影響で変更があるかもしれません。

会 場  伊勢丹新宿店本館6階 催物場

主 催  株式会社伊勢丹 / D&DEPARTMENT PROJECT

キュレーター ナガオカケンメイ

◆お知らせ
senのproductをアップしました。ちょっとずつ紹介していきます。

category: 日々

はじめまして

birds
はじめまして、senです。

senは長崎県・波佐見町にある「やきもの工房・京千」の新しいプロダクトラインとして生まれました。

楽しく自由に、焼き物の魅力が身近に感じられるようなアイテムづくりをしていきたいと思います。